スーパーのバイト面接で落ちる理由

スーパーのバイトは、採用されやすい仕事です。

そうは言っても、定員の数は決まっていますので、面接で落とされることがあります。

面接で落ちる理由がわかっていれば、次のバイト応募で対策できます。

以下、面接で落ちる理由について解説します。

バイトに応募した人が多い

まず採用人数よりも多くの人がバイトに応募すれば、それだけ落ちる人が多くなります。

2名の募集に6人が応募すれば、4人は落ちます。

本来なら採用された人でも、不採用になるかもしれません。

逆に、2名の募集に1人の応募しかなければ、多少の難点があっても採用されます。

ということで、面接で落ちても気にしすぎないようにしましょう。

次の求人にチャレンジしてください。

シフトが合わなかった

夕方以降のレジが足りなくて困っている店舗があるとします。

昼間の時間帯で働きたい人がバイトに応募しても、その時間帯の人員が足りていれば、お店としては不採用にするしかありません。

その人が働きたいシフトと、店舗が働いてほしいシフトが合わなければ、不採用となります。

これはお互いにとって、しょうがないことです。

属性が合わなかった

その店舗では、未経験バイトの割合が多すぎて、ミスが多発しているとします。

どうしても経験者を採用したいときに、スーパーのバイトが未経験の人が応募しても、不採用になるかもしれません。

あるいは、その店舗では女性のレジを採用したいとします。性別や年齢で雇用差別してはいけないので、求人欄では「女性のみ」と書くことができません。

そうはいっても、各店舗の経営方針によって欲しい人材の属性はあるものです。

属性が合っていないと、残念ながら不採用になることがあります。

これも求職者としてはどうしようもないことです。

不真面目だと誤解された

スーパーの仕事は、作業自体は難しくないですが、お金や商品を扱います。

万が一にも、従業員の窃盗(内部の万引き)がないように、どの店舗でも真面目な人を雇いたいと考えています。

同時に、シフト制の仕事なので、安易に休まれると店舗が困ります。責任感をもって、仕事にあたってくれる人を求めています。

不真面目だと思われないように、面接では言動に注意しましょう。

接客に向いていないと判断された

スーパーの店員はどこまでいっても客商売ですから、どう考えても接客に向いていない人は雇いずらいはずです。

接客の適性を判断するのは難しいですが、基本は一つ。

お客様にたいして、「笑顔で挨拶できるかどうか」ではないでしょうか。

常に怒っているような表情をしていると、接客に向いていないと判断されて、不採用になることがあります。

面接の前に笑顔の練習をして、普段から表情には気を付けるようにしましょう。

数多くチャレンジ

面接に落ちたからと言って、落ち込まないでください。

店舗には店舗の事情があってのことなので、「縁がなかった」と考えることが大切です。

数多くチャレンジすれば、かならず良い職場に巡り合えます。

落ちたら次、落ちたら次。採用されるまで、どんどん進みましょう。

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする