スーパーのレジのバイトは難しいか?

スーパーやコンビニの店員にならないかぎり、レジに触れる機会はほとんどないです。

スーパーのレジ接客バイトに応募する人は、ほとんどがレジの初心者です。

「私でもレジできるのか?」と不安かもしれません。

大丈夫。すぐに慣れますし、難しくありません。

今のレジは技術がいらない

昔は、すべて手打ちで数字を入れるタイプのレジでした。

数字を打ち間違えると、お客さんか店舗のどちらかに金銭的損害を与えることになります。

大量のお客さんをさばきつつ、正確にレジに打ち込むのは、それなりのスキルが必要でした。

今のレジは、どこでもバーコード読み取り式なので、ものすごく簡単です。

バーコードが読み取れなかったり、バーコードが張れない野菜・果物だけ数字で打ち込めばいいです。

1日2日やって、何十人ものお客さんをレジ打ちすれば、すぐに慣れます。

カゴ移動で商品を傷めない

バーコードを読み取るときに、商品をすべて別カゴに移します。

その際、商品が潰れないように、硬いものは下、やわらかいものは上に置きます。

普段からスーパーで買い物されている方は、ご存知だと思います。

これもけっして難しいことではないので、何日か働くと慣れます。

お金の受け渡しが鬼門

昔のレジ接客は、お金の受け渡しで間違い(違算)が出ることが多かったです。

かなり集中力をもって仕事をしていないと、どうしても数え間違いが出てしまうものでした。

レジの違算が続くと、レジに入る自信がなくなったりするものです。お金を扱う仕事は向き不向きがありました。

それも昔の話。

最近のレジは、お金の読み取りも機械が行います

お客様から預かったお金を機械で読み取り、おつりも自動で出てくる。ほとんどのスーパーのレジがそうなっています。

違算が出ることはほとんどなくなりました

最近のレジは、びっくりするほど店員の負担が減っています。

もし、自動計測されないレジを使っている店舗で働く場合は、がんばるしかないです。

レジのコツ:マイペース

レジの最大のコツは、マイペースでやること。

お客さんが並んでいても、マイペースでレジ作業をすること。

慣れてくれば、自然と速くなります。手際よくレジ作業をしている店員さんがいますが、それは経験によって慣れているからです。

その人にとっては、それがマイペースなのです。

自分ができる範囲を超えてスピードアップしようとすると、焦るのでミスをします

経験を積めば誰でも早くなるので、自然とペースが上がるのを待ちましょう。

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする