スーパーのレジ接客バイトで大変こと・つらいことは何?

どんな仕事にもつらいことはあります。

スーパーのレジでバイトしていたときに、つらかったことをご紹介します。

最初から覚悟しておいた方が、バイトが長続きするかもしれません。

立ちっぱなしの仕事

何と言ってもこれが一番つらい。

経験者はご存知かもしれませんが、同じ場所に立ちっぱなしというのはすごく疲れます。(休憩はありますが)

歩いているより疲れるかもしれません。

2~3時間くらいなら何でもないですが、5時間を超えたあたりからかなり辛くなります。

レジ以外の業務も行うのであれば、体を動かせるからフルタイムでも大丈夫だと思います。

レジだけのバイトは、できればパートで働きたいものです。1日の労働時間を5時間以内にすることをお勧めします。

やっかいなお客様

ほとんどのお客様は普通の方です。

しかし、本当に稀に、非常識な人もいます。精神的に疾患を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

私がバイトをしたときに遭遇したやっかいな客。

  • イライラしていて、お釣りをひったくるようにして帰っていったお客さん。
  • 些細なことで怒りだすお客さん。
  • 財布を忘れたといって、大量の商品が入ったカゴを放置したお客さん。
  • 一緒にいた夫を大声で罵倒し続けていたおばさん。

スーパーには大勢の人がきますので、やっかいな客が1000人に1人だとしても、働いていれば必ず遭遇します

これはどんな仕事をしていてもあり得ることなので、しょうがないです。

深刻なトラブルはまずないです。笑い話になる程度のことばかりです。

商品やお金を扱うから気疲れする

カゴに入った商品はお客様のものとなります。

そのため、バーコードを通して清算作業をするときに、「人のもの」を扱うことになります。それなりに気を使います。

また、割引商品があると手入力で割引するケースでは、見落とさないように注意しなくてはなりません。

お金を扱うので、数え間違いがあると大変です。

レジの作業自体は簡単なんですが、けっこう気疲れします。

最近のレジは入金とお釣りを自動計測するので楽になりましたが、やはり気疲れはあります。

この気疲れがあるからお給料をいただけると思って、前向きにがんばりましょう!

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする