パチンコ屋のバイトは採用されやすいのか

求人サイトをみると、パチンコ屋の求人がたくさん載っています。時給もいい。

これだけ募集しているなら、採用されやすいイメージがあります。

実際のところ、パチンコ屋のバイトは採用されやすいです。理由は3つあります。

1.人が足りない仕事

求人がいつも載っていて時給が高い」仕事は、それだけ人が足りないことを意味します。

バイトが集まらないか、集まっても続かない。バイトがすぐに辞めてしまう。だから、求人をいつも出すし、時給も高くなります。

そういったバイトは、採用の基準が甘くなります。

つまり、パチンコ屋のバイトは、他のバイトに比べて採用されやすいのは間違いないです。

2.特別なスキルが必要とされない仕事

パチンコ店員の仕事は、ドル箱を運んだり、清掃をする仕事になります。

これといったスキルは必要ありません。

学歴・経験はまったく不問の仕事です。

パチンコ店の社員となれば別ですが、バイトの立場では求められるスキルはほとんどありません。

  • 覚えることはほとんどない
  • お金を直に扱うこともない
  • 客との会話もほとんどない

歩き回って、ドル箱を運んだり、清掃をする仕事です。

誰にでもできる仕事なので、採用のハードルは低くなります

コンビニやファミレスの方がはるかに採用のハードルが高いです。覚えることが多く、バイトが直にお金を扱います。また、接客態度で店の評判が決まるため、客商売に向いている必要があります。

3.世間体が悪い仕事

パチンコはお金を賭けるギャンブルなので、どうしても世間体は悪い仕事になります。

パチンコ業界は長年にわたってイメージアップに取り組んでいますが、依存症問題がメディアでクローズアップされたこともあり、未だに世間体は悪いままです。

パチンコのバイトをしようと思ったけど、家族に反対されてやめた。そういう書き込みをネットで見かけます。

世間体の悪い業界は、人が集まらないのです。そのため、パチンコ店はバイトを集めるのに苦労しています。

逆にいえば、バイトに応募すれば、採用される確率は高くなります。

仕事を続けられるか?という採用基準

どの仕事も同じですが、パチンコ店もすぐに辞めてしまう人は採用したくないはずです。

採用コストとか、教育コストが無駄になるからです。

すぐに辞めそうな人かどうかを基準にして、採用を判断しているはずです。(くどいようですが、仕事自体は誰にでもできる仕事なので)

採用のハードル自体は低いけど、「本当にこの人は続けられるのか?」というのが問われます。

もちろん、お客様の前に出る仕事なので、最低限の身だしなみや、第一印象は問われます。あまりにも強面(こわもて)の外見では困ります。

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする