喫茶店のバイトは茶髪でも大丈夫?

喫茶店で働く店員さんたちは、茶髪の人が少ない気がします。

喫茶店バイトに応募する人は、はたして茶髪で大丈夫なのか気になるはず。

茶髪禁止は明記されてない

今の時代、「茶髪禁止」を明記しているバイトは少ないです。

銀座ルノアールや珈琲館といった喫茶店チェーン店のWebサイトでも、採用欄に「茶髪禁止」とは明記されていません。

そのため、逆に「面接に茶髪で行っても大丈夫か?」と気になるはずです。

採用するかどうかは、あくまでその店舗(会社)の基準によるので、確実なことは外部からわかりません。

茶髪を避けた方がいい仕事

職種によって、驚くほど「茶髪」の許容度が異なります。

  • 銀行や医療や教育の仕事は茶髪NGが多い
  • アパレルや美容の仕事は茶髪OKが多い

それぞれの仕事で、求められる外見に違いがあります。

よくあるバイトの職種でいえば、カラオケ店員は茶髪OKだと思われます。

喫茶店は、どうでしょうか?

喫茶店は落ち着いた空間を提供する仕事なので、スタッフにも落ち着いた外見と物腰を求められます

店舗の方針によりますが、目立つ茶髪でなければ大丈夫だけど、できるだけ目立たない色が望ましいと思います。

客層にも影響される

どの程度まで茶髪を許容するかどうかは、その店舗によります。

客層に年配の紳士が多い喫茶店は、より落ち着いた外見を求められるはず。

一方で、気さくな下町の喫茶店は、そこまで落ち着きを求められないはずです。

同じチェーン店でも、立地によって採用基準が異なる可能性があります。

面接を突破するために

今の時代、完全な黒髪限定の店員しかいない喫茶店は、まずありません。

髪に色を入れるのは、女性のファッションとして当たり前になっているからです。

問題は、どの程度まで許容するか?という採用基準です。

茶髪の方で、どうしても喫茶店で働きたい方は、面接時に「もし、もっと落ち着いた色がよければ、そうします」と言ってみてはいかがでしょうか。採用されやすくなるかもしれません。

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする