喫茶店バイトの志望動機は何がいいか?

カフェや喫茶店の求人に応募するときには、どんな志望動機を書いたらいいでしょうか?

おすすめの志望動機をご紹介します。

志望動機で採用が決まることはない

志望動機に書かれている内容によって、採用の可否を決めることはまずないです。

〇〇が書かれていたら採用、そうでなければ不採用・・・

そんなことはあり得ません。

志望動機はあくまで総合判断のひとつでしかありません。

そのため、あんまりカッコつけた志望動機ではなく、ある程度までは自分の言葉で正直に書きたいものです。

採用担当者の気持ちを考える

面接を担当するのは、個人経営の喫茶店のオーナーだったりカフェチェーンの採用担当者です。彼らの気持ちになって考えてみると、どんな人を採りたいでしょうか。

  • まじめな人 (重要)
  • 誠実な人  (重要)
  • 意欲的に仕事をする人
  • 長く働いてくれる人
  • テキパキと仕事ができる人
  • お客様を大事にできる人(笑顔)
  • カフェスタッフの適性があると思われる人

こういった人を採用したいはずです。

そう考えると、志望動機で次のことをアピールしたいものです。

  • まじめに応募したこと
  • 意欲を持っていること
  • 長く働けること
  • 接客に興味があること
  • 喫茶店(カフェ)が好きなこと
  • コーヒーに興味があること

カフェチェーンに応募するときは意識高く

喫茶店のバイトは大きく2つに分かれます。

個人経営の喫茶店と、スターバックスやルノアールのようなカフェチェーンです。

  • 個人経営の喫茶店はオーナー(マスター)との相性が重要になります。まったりしたオーナーは、まったりした店員を好む。
  • カフェチェーンは、従業員スタッフがお店のブランドを背負うことになります。意識高い人が求められます。

もしカフェチェーンに応募するときには、しっかりした志望動機を書いた方がいいでしょう。

上のページにも書きましたが、カフェスタッフはお店の雰囲気を体現する存在で、バイトにも多くのことを求めます。それだけ成長できる仕事なのです。

おすすめ志望動機1つ

カフェチェーンに応募することを前提におすすめの志望動機をご紹介します。

ずばり「この場所で働きたい」という志望動機。具体的には以下のようなこと。

  • カフェの雰囲気が好きで、ここで働きたい。
  • コーヒーが好きで詳しくなりたい。
  • 将来カフェにかかわる仕事がしたい。

カフェが好きであることは、ぜひ書きたいものです。(逆に、カフェが嫌いなら、違うバイトを探した方がいいかも)

「好きだ」というストレートな志望動機をお勧めします。

あるいは「接客について学びたい」というのでもいいです。これも意欲が伝わる。

ダメな志望動機

逆に、書かない方がいい志望動機。

  • 金が欲しいから
  • 時間が余っているから

学生でこういう正直なことを書いてしまう人がたまにいます。

軽作業みたいなバイトだったら「金のため」でも問題ないかもしれませんが、カフェスタッフは時間の切り売りみたいな応募を望んでいません。

もっと意識を上げていきましょう。

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする