引越しバイトで怪我しないか?

引越しバイトをやったことがない方は、怪我が心配かもしれません。

冷蔵庫を運んでいて、足をすべらせて・・・

こんな想像をしてしまいがちです。

実際に引越し作業をやってみれば、さほど危険ではないとわかります。

台車とエレベーターを使う

ほとんどの作業は、段ボールを運ぶだけ。

たまに冷蔵庫のような大型の荷物は、複数人で作業する。

トラックから台車に引き下ろす。台車で移動して、それを降ろす。

2階以上ならエレベーターを使う。

重い荷物を運ぶといっても、そんな作業の連続です

(現場によっては、不運にも階段で運ぶかもしれません。そのときは多少リスクが高まるので注意してください)

怪我を心配している人はほとんどいない

バイトをしている人も、会社の社員も、お客さんも、怪我を心配している人はほとんどいません。

実際に怪我をする人は、ほとんどいないからだと思います。

危険な作業はほぼないと言ってもいいほどです。

ですから、引越しバイトをするときに怪我の心配は無用です。

怪我をするリスクは2つ

そうはいっても、重い荷物に触れる仕事です。リスクがないわけではありません。

以下の2つのケースでは怪我のリスクがあります。

無理をする

持てる荷物だけを持つ。持てない荷物は2人以上で持つ。

そうしていれば、リスクはほとんどありません。

しかし、持てないにも関わらず持とうとする人がいます。

無理をする人は、怪我や腰痛のリスクを抱え込みます。

体調が悪い

寝不足、二日酔いなどで体調が悪いときに作業をすれば、足や手をすべらせるリスクが増えます。

体調が万全なら起こりえないようなミスが起きるわけです。

引越しバイトをするときには、常に万全の体調で臨んでください。これだけで怪我のリスクは激減します。

引越しバイトと腰痛

重い荷物を持つと、腰に負担がかかります。

それを繰り返すことで、腰痛持ちになるリスクがあります。

「持てないものは持たない」を原則として、無理をしないで作業しましょう。腰に負担をかけないように作業をすればいいのです。

現在の引越しは、台車やエレベーターを多用するため、腰痛のリスクが少なくなっています。

【バイト求人サイト】 管理人おすすめトップ3

以下の3つはバイト掲載数が多くて、誰もが知っている有名サイトです。バイト探しはまずはここから。

1.タウンワーク
CMでお馴染みのタウンワーク。地域密着のフリーペーパーだけあって、地域の地味なお仕事が見つけやすい。

2.フロムエー
昔から定番のバイト求人誌。網羅性に特徴があり、あらゆる職種のバイトが見つかる。迷ったらここ。

3.ショットワークス
短期バイトならこのサイト。短期バイトの専門誌なので、他にはない短期バイトが掲載されている。

シェアする